CT-AEC

CT-AEC(CT-automatic exposure control)はCT自動露出制御機構と呼ばれるものです。

撮影時のことを露出といい、その名の通り、AECは撮影時にX線を自動制御する仕組みの事です。

ではどのように制御するのか。

スカウト(位置決め画像)からX線の吸収が大きければ、撮影で管電流を下げて、吸収が小さい時、管電流を上げて撮影します。

引用写真 市川勝弘:CT super basic.p74 オーム社,2016
(CT super basic.p74 より引用)

 

これによって、必要とする画質を得るための最小限のX線量で撮影することができます。

 

参考文献

市川勝弘:CT super basic.p74 オーム社,2016

露出(写真) https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9C%B2%E5%87%BA_%28%E5%86%99%E7%9C%9F%29 2017年3月29日

表題写真:https://www.bing.com/images/searchview=detailV2&ccid=szc9mO5Z&id=8AC92B09B88087AEC8449F5259FAE828BAE79225&q=CTAEC&simid=608028033205141622&selectedIndex=4&ajaxhist=0

未分類の記事